ぽちゃ女子・ちゅんの婚活ブログがリニューアルしました。

映画・鬼滅の刃無限列車編は出来が良すぎて2回目は観たくない【ネタバレ感想】

エンタメ

 

ちゅん
ちゅん

こんにちは!

アラサーオタク婚活女子のちゅんです。

 

お友達と映画・鬼滅の刃 無限列車編を観に行きました!

 

ちなみに、見終わった2人の感想は……

 

友達
友達

彼氏も私と一緒に観たいって言ってたから2回目考えてたけど、2回目は辛すぎる……

 

1人で行ってもらうしかない……

ちゅん
ちゅん

こんな思いをするのならば、漫画にとどめておくべきだったかもしれない……(頬に涙の跡)

 

結論から言うと、「出来が良すぎて2回目を観るのが辛い。もう2度と見たくない。(かなり褒めている)」という感想でした!

 

ストーリーのネタバレありで紹介していきます。

ネタバレが嫌な人は注意してくださいね!

 

映画を観る前に入場者特典・煉獄零巻を読む

 

入場時に入場者特典である「煉獄零巻」をもらいました。

上映までは時間があったので、こちらを読んで待つことに。

 

内容は炎柱である煉獄 杏寿郎が、まだ柱ではなかった頃の物語。

 

彼がいかに昔から周りに慕われていたのか、周りが勝てない鬼に対し強さを見せていたのかが分かる内容となっています。

 

ちゅん
ちゅん

鬼のデザインと残酷さが秀逸で、本編に出ていてもおかしくないクオリティ……!

 

鬼に勝っても慢心せず、敗れて命を散らしていった仲間に「最期まで戦ってくれてありがとう、君たちのような立派な人になりたい」とねぎらいの気持ちを持つ煉獄さん。

 

周りが慕うのも納得です。

 

他にも声優の皆さんのインタビューやちょっとしたおまけが掲載されていました。

 

ちゅん
ちゅん

これタダでもらっていいんですか??

 

【起】炎柱・煉獄アニキ&下弦の壱・魘夢の攻撃


 

ちゅん
ちゅん

ストーリーネタバレ注意!

 

最近行方不明者が続出しているという「無限列車」に任務で派遣された竈門 炭治郎・我妻 善逸・嘴平 伊之助の3人。(+竈門 豆子)

 

「柱」である煉獄 杏寿郎との合流を果たすが、初見の杏寿郎の印象は大きな声で「うまい!」と連呼し弁当を何個も平らげる、少し変わった人だった。

 

途中で車掌に切符を切ってもらった4人。

なぜか彼には生気が感じられない。

 

そのうち列車内で鬼の気配を感じ、下級とはいえ2体を一撃で簡単に倒してしまう杏寿郎。

 

炭治郎たちは杏寿郎の強さに「アニキー!」とはしゃいでまとわりつくのだった。

 

……が。

 

これは列車を牛耳る鬼、下弦の壱・魘夢による、対象者を眠らせ夢を見させる攻撃だった。

 

実は車掌と魘夢はグルで、車掌が切符を切ることで魘夢の術が発動するのだ。

 

車掌は任務を遂行した褒美として、亡くなってしまった妻と子に夢の中で会いたいと魘夢に懇願し、願いを叶えてもらう。

 

魘夢には他にも人間の協力者がおり、それぞれが望む夢を見させる代わりに人間を喰うための手助けをさせていたのだった……。

 

そして、鬼殺隊の4人はそれぞれが望む夢を見る。

 

善逸は豆子と2人仲良くはしゃぎ、伊之助は自分が親分となって他のメンバーを子分にして探検していた。

 

杏寿郎は自らが柱になったことを父に告げに行く。

 

炭治郎は家族の元で日常を過ごしていたが、ふとした違和感に頭を悩ませるのだった。

 

ちゅん
ちゅん

ギャグパートが多くてまだほのぼのした気持ちで観れるのがこのあたりまで!

 

【承】どんなに辛くても現実に帰らなければならない

 

ちゅん
ちゅん

ストーリーネタバレ注意!

 

人間を廃人にして喰うために、対象者がいい夢を見ている隙に夢に入り込み、「精神の核」を壊すよう人間の協力者たちに命じる魘夢。

 

魘夢は鬼の気配で鬼殺隊のメンバーが目覚めないよう、人間を利用したのであった。

 

自身と鬼殺隊のメンバーの手首を縄で結び、夢の中に侵入する協力者たち。

 

対象者の意識が及ばない「無意識領域」にあるとされる精神の核を壊しに行く協力者だったが、誰一人として成功はしなかった。

 

杏寿郎の場合は、無意識であるにもかかわらず、協力者が精神の核を攻撃しようとした瞬間に現実世界の杏寿郎が協力者の首を絞め。

 

善逸と伊之助の場合は、現れることがないはずの無意識領域に本人が現れて、協力者を追いかけまわし。

 

炭次郎の場合は、あまりにも心が清く、炭治郎の無意識領域に住む小人たちが協力者の手を引き精神の核に導いたことで、協力者が戦意喪失してしまう。

 

そのうち、ひょんなことから豆子が現実世界で炭治郎を起こそうとし、血鬼術で手首の縄を焼く

 

そのことをきっかけに、自分がいる世界が夢の中であることに気づいた炭治郎。

 

夢の中にいればずっと大好きな家族と一緒にいられる。

しかし、自分は現実世界に戻り戦わねばならない。

 

家族たちに引き止められつつも、炭治郎は家族のもとを去る。

夢から覚めることができない炭治郎に父親は「もう分かっているんだろう?」と声をかけ……

 

炭治郎は恐怖を感じながらも、自らの首を斬ったのだった。

 

ちゅん
ちゅん

炭治郎の夢の中での、家族との幸せな時間。

泣いているきょうだいを置いて現実に帰らねばならない苦悩。

 

そして、炭治郎の無意識領域の表現の美しさに思わず泣いてしまいました……

 

【転】恐ろしい下弦の壱の力

 

ちゅん
ちゅん

ストーリーネタバレ注意!

 

夢から覚めた炭治郎。

だが、他のメンバーは目を覚まさない。

 

しかたなく1人魘夢のもとに向かおうとする炭治郎の前に立ちふさがったのは、人間の協力者たちだった。

 

いい夢を見たい、だから邪魔をするなと立ちはだかる協力者たちを気絶させる炭治郎。

 

ただ1人、炭治郎の夢に侵入した協力者だけが、無意識領域内で炭治郎の心の温かさに触れたことから背中を押す。

 

他の鬼殺隊メンバーを豆子に任せ、魘夢のもとに向かう炭治郎。

 

魘夢から何度も眠らされつつも、眠らされた瞬間に夢の中で首を斬りすぐに起きて立ち向かう。

 

その姿に思わず魘夢も「こいつはまともじゃない」と口にするのであった。

 

魘夢は炭治郎に、家族が炭治郎を罵る悪夢を見せる。

 

しかし炭治郎は「俺の家族はこんなことを言わない!家族を侮辱するな!」と激高。

 

魘夢は首を斬られてしまう。

 

しかし倒されることなく、おぞましい姿で復活する魘夢。

実は魘夢は無限列車と融合し、列車すべてが鬼と化してしまっていたのだった。

 

1人では乗客200人を守り切れない、と焦る炭治郎。

そこに目覚めた伊之助が参戦し、2人は列車内で乗客を魘夢の攻撃から守るために奮闘するのであった。

 

乗客を守るために戦う炭治郎と伊之助。

 

見えないところでは豆子も戦っており、夢からは覚めないものの豆子を守るために善逸も覚醒していた。

 

戦いのさなか炭治郎と伊之助の前に夢から目覚めた杏寿郎が現れ、「5両は自分が、残り3両は善逸と豆子が守る。炭治郎と伊之助は鬼の頸を探し斬るように」と指示される。

 

鬼の頸を探す2人は、車両前方に怪しい部分を発見。

 

途中炭治郎が魘夢の罠にかかり、現実世界で自らの頸を斬ろうとするのを伊之助が止めたり、

 

協力者である運転手から刺されそうになった伊之助を炭治郎がかばって刺されたりと、

 

一筋縄ではいかないものの、無事魘夢の頸を斬ることに成功した2人。

 

魘夢は断末魔をあげ列車は横転し、人々は地面に投げ出されたのであった。

 

ちゅん
ちゅん

魘夢はおっとりした外見と声でやること考えることがえげつない……

 

実際にもいるよね、こういう怖い人……

 

【結】予想外の強敵の襲来、そして……

 

ちゅん
ちゅん

ストーリーネタバレ注意!

 

魘夢は炭治郎たちへの怨恨と、周到な作戦のわりに一人も人間を喰らうことができずに散ってしまうことへの無念さを口にしながら消えていった。

 

炭治郎は運転手に刺されたダメージから動けず、呼吸の力で何とか止血する。

 

そこに杏寿郎が現れ、乗客が全員無事なことを聞いた炭治郎。

安堵しているのもつかの間、2人の前に突如として現れたのは……

 

上弦の参、「猗窩座」。

 

弱っている炭治郎を「話の邪魔になりそうだった」と真っ先に狙った猗窩座に対し、嫌悪感をむき出しにする杏寿郎。

 

上弦の参と柱の戦い。

その場に駆け付けた伊之助も炭治郎も、間に入ることが足手まといにしかならないことを察し、2人の間には入れない。

 

杏寿郎の強さに感動した猗窩座は何度も杏寿郎を鬼にスカウトする。

 

「人間は弱い。鬼ならずっと生きていられる。鬼になってずっと自分と戦い、お互いに高みを目指そう」

 

絶対に鬼にはならない、と断る杏寿郎。

五分五分の実力であった猗窩座と杏寿郎だが、かたやすぐに傷が再生する鬼、かたや疲労が蓄積され傷が治らない人間。

 

徐々に杏寿郎は追い詰められ、ついに瀕死のけがを負わされてしまう。

 

それでも最期まで諦めず、皆を守ろうと必死に猗窩座に食らいつき、頸に刀を入れる杏寿郎。

 

炭治郎と伊之助も加勢しようとするが、夜明けが近いことに焦った猗窩座が自分の腕を切り落としその場から退散してしまう

 

正々堂々と戦った杏寿郎に対し、太陽から逃げるために去っていく猗窩座。炭治郎は激怒し刀を投げつける。

 

結局猗窩座は逃げてしまい、杏寿郎は炭治郎に最後の言葉をかける。

 

「ヒノカミ神楽については煉獄家の生家に行けば分かるかもしれない。豆子は大事な鬼殺隊の一人だ」と……

 

杏寿郎の訃報は瞬く間に伝えられ、鬼殺隊は彼の敗北の悲しみに包まれた。

 

ちゅん
ちゅん

煉獄さんがかっこよすぎる。別にファンじゃなかったけど、これはやばい。

 

映画でこれをやるのはずる過ぎる。

2度目の涙シーン。

 

映画 鬼滅の刃 無限列車編を観た感想

 

なぜ2度も観たくないのか、お分かりいただけたでしょうか?

 

終盤のシーン、やっと強敵・魘夢を倒して任務終了だと思いきや、急にチート級の猗窩座が出てきて、最強で頼れる男だと思っていた柱の煉獄さんを倒してしまうのです。

 

この絶望は2度も味わいたくありません……

 

色がついて声がついて、戦闘の迫力がえらいことになっています。

 

私も友達も原作漫画は見ていたのですが、映画にされると心へのダメージは漫画以上のものがありました

 

ちゅん
ちゅん

猗窩座殿さ……なんなん……

 

お花摘み(青い彼岸花探索)のついでにさ、なんか楽しそうなことしてんじゃん?って来ちゃったのかな……

 

来るなよ……

友達
友達

しかし猗窩座の過去は泣けるから嫌いにはなれないという……

ちゅん
ちゅん

それね……

 

猗窩座殿想像以上にテンション高くてうっきうきで強くて絶望しちゃったよ……

 

あれまた見るとかどんな気持ちで観たらいいの??辛すぎでは??

友達
友達

彼氏と絶対観たくない……

煉獄さんまたやられるの観たくない……

 

 

ちゅん
ちゅん

私マスクの中の湿度やばいんだけど。(涙で)

友達
友達

最後の演出もやばいよね……

あのエンディングはやばい……

ちゅん
ちゅん

歌詞聞いたら泣くってTwitterに書いてたから、まともに歌詞聞けなかったわ……

 

絵見るだけで泣くもんあれ……

 

その後ごはんに行きました。

 

おわりに

 

ストーリーよし、絵よし、声よし、BGMよし、エンディングよし。

 

すべてにおいて出来が良すぎて、感情移入してしまい最後が辛すぎる映画・鬼滅の刃 無限列車編

 

この話は映画館でやるのが正解だな、と思いました。

ぜひぜひテレビやVOD放映まで待たずに映画館に足を運んでみてほしいです。

 

無限列車編が読めるのはコミック7・8巻です。

紙の本・電子書籍どちらでも楽しむことができます。

読んでから映画を観ることでさらに楽しむことができますよ!

 

【コミック】

 

 

【電子書籍・Renta!】

 

 

タイトルとURLをコピーしました