ぽちゃ女子・ちゅんの婚活ブログがリニューアルしました。

毒親についての悩みと結婚前提の彼氏への相談【宗教・発達障がい疑惑】

ライフスタイル

 

ちゅん
ちゅん

とてもお久しぶりです!

 

ぽっちゃりアラサー婚活女のちゅんです。

 

身内の急逝のため、忙しい日々を過ごしておりました。

 

久しぶりに毒親である母に会って考えたこと、彼氏へ親のことを相談した話です。

 

※話の内容が重いので、見たくない人はここでバックすることを推奨

 

葬式で明白になる毒親のやばさ

 

以前書いたように、私の親は毒親です。

 

 

簡単に言えば、私が幼い頃は精神的に傷つけ暴力をふるって支配しようとし、大人になってからは手のひらを返して精神的に依存してくる。そんな親です。

 

一緒にいるとこちらの気が狂うので距離を置き、私は18歳の時から経済的にも精神的にも自立して生活しています。

 

しかし今回久しぶりに親に会ってみて、ある考えが浮かびました。

 

ちゅん
ちゅん

うちの親は毒親というより、病気なのでは……?

 

そうなると、今後の対応の仕方を考えなければならなくないか……?

 

何も知らない人からすると、実の親を病気だと疑うことは失礼なことかもしれません。

 

しかし私の親は個性と呼ぶには度を越えている強烈な性格・行動の持ち主で、度々どころではなく毎回関わる人全員を困惑させているのです。

 

今回は以下の点で葬式に参加した親戚・スタッフに迷惑をかけました。

 

  • 喪主でありながら務めを果たせない、過剰に取り乱してしまい感情のコントロールができない
  • 過去に所属していた宗教団体の人物を呼び、空気の読めない内容の弔辞を許してしまったことで周りを凍り付かせる

 

→周囲の人たちが娘である私ときょうだい(どちらも20代)に助けを求めてくる。母(還暦近い)を支えてくれと言ってくる。

 

→今回も私ときょうだいがいたからこそどうにか無事に葬式を終えることができたという評価。

 

簡潔に書いてもすでにやばい気配しかしないと思うのですが、さらに詳細を書いていきます。

 

発達障がいの疑いがある母親

 

母親のあまりにもひどい普段の言動と行動に、ずっと本気で悩み縁を切りたいと考えていた私。

 

実は母は私だけでなく、私のきょうだい・元夫・職場の人や友人たちなど、誰ともうまく人間関係を構築できません。

 

母の特徴はADHDと合致しています。主な特徴は以下の通りです。

 

  • 普段から常に焦っている
  • 単純なミスが多すぎる(買い物をしてお金を払ったのに品物を忘れそうになる、書類で自分の名前の横にハンコを押すという単純作業ができないど)
  • 物事の優先順位をつけられず、すぐにパニックになる
  • すぐに物事を忘れる、やたら物をなくす
  • じっとしていることが困難
  • 余計なことを喋りすぎる、自分の状態や考えを相手にうまく伝えられない
  • 相手の言っていることが理解できない
  • 感情のコントロールができない

 

今回も喪主でありながら打ち合わせでは「分からない」「できない」としか言わず、代わりに娘である私ときょうだいがスタッフと話を進めました

 

いくら親の死であっても取り乱し方が尋常ではないことから、親戚全員が母を常に心配の目で見ていました。

 

孫である私ときょうだいは忌引きで会社を2日休むことにしていましたが、母が来客対応中に倒れ救急車で運ばれたため、一週間休むことになりました

 

ちゅん
ちゅん

ちなみに私もきょうだいも仕事では今かなり大事な時期であり、本当は休めるような状況ではありませんでした。

 

今回のことで私の出世の夢は遠ざかったように思います。

 

サポートが必要な親が遠方におり、仕事に長期で穴をあける可能性が高い人物であることが分かってしまったからです。

 

母親は、口では申し訳ないと言いつつ、自分のために娘たちに休みを取ってもらったことをどこか嬉しそうにしていました

 

(倒れた原因は過労と睡眠不足・酒の飲みすぎ。過労は仕方ないとはいえ、大きな原因は自己管理のできなさであり医師からも注意を受けた。

しかし周囲の人には過労としか伝えておらず1人で頑張りすぎて倒れたかわいそうな人という印象になっている)

 

母親は心の成長が小学校低学年で止まっているような人なのです。

 

ちゅん
ちゅん

これが本人の性格によるものなら、直さないといけない。

 

でも、もし病気でこうなのだとしたら……?

 

病気と診断されてプロから正しい対応をしてもらった方が、本人にも周りの人にとっても生きやすくなるのでは……?

 

そう考えた私は家族に相談しました。

 

母は周りの人からも発達障がいを疑われたことがあり、さらにはカウンセリングを勧められたこともあるとのこと。

 

実の親からも同様に言われていたことを明かしました。

 

一度はカウンセリングを受けたことがあったものの、紹介してくれた人と喧嘩してしまい、結果までは聞きにいかなかったとも言っていました。

 

母は幼少期に親からの十分な愛を受けられなかった・親や兄弟から虐げられてきたという過去があるそうで、病気ではなかったとしても心の傷が原因で対人関係においてうまく対応ができない可能性が高いです。

 

まずは支援センターに相談し、今は病院を探しているところです。

 

繊細な問題だからかどこの病院でも診察を断られており、母も自分に病名がつくことを恐れて周囲の人たちに「娘たちが自分を精神病院に入れようとしている」と吹聴するなど、かなり難航しています。

 

(支援センターからは、私たちがADHDだと考えていても、他の病気だと診断される可能性もあると言われました)

 

新興宗教に再加入しようとしている母親

 

誰ともうまくいかず、かといって1人で生きる能力もない母親は、かつてある新興宗教に入っていました。

 

私ときょうだいも無理やり加入させられていましたが、どうしてもついていけず一度だけ参加させられたイベントの終了後は、母親に言ってすぐに脱退していました。

 

この宗教に所属している人たちからは過去にかなり助けてもらい、母親はのちに自分も脱退したものの(会費が払えないため)何かあると「あの宗教に入っていれば今回も助けてもらえたのに……」と口にしていました。

 

そして今回、葬式にかつてお世話になった宗教関係者を呼んだ母は、倒れたことでまたその人たちに助けられることとなりました。

 

ちゅん
ちゅん

母は自分が加入していたのではなく、故人だけが加入していたとごまかしていましたが、親戚たちはあきらかにドン引きしていました。

 

(宗教関係者が弔辞で怪しいことを言いまくったため)

 

今回助けられたことで宗教に再加入したい、という母ですが……

 

母が宗教加入してしまうと、私の結婚に悪影響が出るのです。

 

ちゅん
ちゅん

アイクさんと結婚するには、私だけでなく私の家族も問題ないか調べられます。

 

宗教はかなりのグレーゾーンです……

 

アイクさんとは大真面目に結婚の話をしているので、隠してはおけないと思いすぐに相談しました。

 

彼氏への重すぎる相談

 

私がなんとなく悩んでいる様子を見せており、親について話したいとも言っていたので、アイクさんは「いずれ結婚するのだから相手の親のことは知っておかなければならない」とすぐに電話で話を聞いてくれました。

 

ちゅん
ちゅん

あのね、言わなきゃないことがあって……

私が親と仲悪いのは気づいてたと思うんだけど、こういう理由で……

 

病気の疑いがあって……

アイクさん
アイクさん

そっかぁ……ちゅんちゃん歳のわりにやたら自立してしっかりしすぎてるから、なんかあるんだろうなぁとは思ってたんだよ。

 

仕事柄いろんな家族見てきてるし、俺はちゅんちゃんが好きだから家族に問題があるって理由では別れようとか思わないよ。大丈夫。

ちゅん
ちゅん

ありがと……

アイクさん
アイクさん

直接会って挨拶したいと思ってるし、両家の顔合わせもしたいと思ってる。

 

不安なら実際に俺がちゅんちゃんのお母さんに挨拶してから、見た様子を俺の両親に伝えておくよ。

 

アイクさんは心強いことを言ってくれました。

 

ちゅん
ちゅん

それとね、こういう理由で親が宗教に入ってたことがあって……私も無理やり一時期加入させられてて……

 

また入ろうとしてるんだけど、結婚に響くよね……?

アイクさん
アイクさん

うーん……信仰の自由は俺からは何とも言えないけど、結婚には響くと思う。

 

なるべくならやめといた方が良いなぁ……あまり大々的には言えないけどね。

ちゅん
ちゅん

そうだよね。信仰心が強いわけじゃなく、助けてもらったお礼みたいな感じで入ろうとしてるからやめてほしいって言っておくよ。

ちゅん
ちゅん

私は自分を助けられるのは自分しかいないと思ってるし、実際今までいろんなことを1人でやってきたから、宗教信じてないんだ。

 

でも親は私と真逆なんだ……

アイクさん
アイクさん

心のよりどころは確かに必要なんだけど、地域のサークルとかそういうのにしてほしいかな……

 

アイクさんの仕事は、本人だけでなく本人の家族や妻・妻の家族もちゃんとしていなければならないのです。

 

おわりに

 

周りからは苦労がなさそうで幸せそうに見えると言われている私。

 

実際はそうではなく、特に「自分には問題がないものの、親のことで周囲の人間から不快な思いをさせられたことがある」ことが多いのです。

 

今回葬式を通じて、親戚付き合いや多種多様な人間が集まり家族を形成していくことの難しさを実感しました。

 

アイクさんは真面目に結婚を考えてくれ、私の悩みにも前向きに対応を考えてくれます。

 

これからも悩むことは多いですが、アイクさんに聞いてもらいつつ乗り越えていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました